優良な仲介業者選びの為にはまず役割から

>

仲介業者は知識の宝庫

この記事をシェアする

良い情報も悪い情報もしっかりと

トップページでも触れましたが不動産仲介業者の仕事は不動産情報の紹介だけではありません。
また不動産情報を紹介するということはその物件の情報を包み隠さず伝えるということ。
それが売り手にとって不都合な事実であっても隠してはいけません。
円滑な取引を進めるには買い手がその不都合な事実に理解納得した上で購入を決意しなければなりませんから当然です。
理解さえしていればものによっては事前の対策も可能になりますからトラブル発生のリスク低減に繋がります。

部屋の間取りや構造など誰が見ても分かる情報だけではなく、言われなければ気付かないものや見つけられないもの、これらをしっかりと開示することこそ不動産仲介業者の役割です。

責任の所在

不動産仲介業者を通して不動産売買を行った際に説明不足等により買い手が何らかの損害を被った場合、これは仲介業者の責任となります。
専門家である以上このリスクは避けられませんが売り手である貴方が知っていて仲介業者が調査しても得られなかった情報によって損害を被った場合は仲介業者ではなく売り手の貴方自身の責任となる点には注意しましょう。

仲介業者の仕事の中には物件の調査も含まれますが調査だけでは確認が取れない事柄も稀に存在します。
そういったものやそれに準ずるものは事前に仲介業者へ伝えておく必要があります。
いくら煩わしい手続きなどを引き受けてくれるとはいえ都合の良い業者という扱いはせず協力を惜しまない姿勢が重要です。